fc2ブログ

●うさぎん日記 えみポン編●

ロップイヤー♂えみちゃん、第三の兎生走りきりました。相棒ポンちゃんも仲間入り。

2022年10月25日 ポン3歳の誕生日

DSC_1147_2 (3)

おかげさまで我が家の6代目兎ポンちゃんがめでたく3歳のお誕生日を迎えました。

毎日元気いっぱいで食欲旺盛でイタズラ三昧です。
これからも先代を見習ってご長寿うさぎ目指して頑張ります。

2022年10月25日 pyon吉・ポン



ブログの本編は二番目の記事からになります。
相変わらず約2年遅れでゆるゆると進行中。

  1. 2023/10/25(水) 23:26:55|
  2. 記念日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

11月15日 空気を読まないポン



11月11日(金)に役所に母の「障害者・特別障害者認定申請書」を提出してあっという間に10日。
認定結果が出るまでに一週間くらいとのことでしたがまだ郵送されてきてません。
それどころか、本日役所から電話があり、「書類を見たところなんですが確認したいことが~」と。

い ま み た?
11日に提出した書類を箱か引出しの中で熟成させ、21日の今になってやっと手に取って見てみたと?
一週間くらいかかると言っていたのは書類に取りかかるまでの時間のことだったのかい。
思わず電話のお姉さんに「おっっっそいですね。」とドスを効かせた低いテンションで呟いてしまいました。

まあいい、やらなかったものは仕方ない。どのみちもう年末調整には間に合わず確定申告なのだから。
で、結局認定されるのされないの?
慌てたお姉さんが電話口でガサガサガサガサ作業しながら、「…ぇぇと、該当しそうです。」と。
確認の電話を気軽にパッとかけてくる前に一通り申請内容くらいチェックしておきませんか、と言いたい。(お局感)

まあいい、該当なら。  で、どっちに?
「え?どっち??」とお姉さん。
え?じゃなくて。  障害者の方ですか、それとも特別障害者ですか?Ⅲ(認知症のレベル)なんですけど。
(何でド素人の市民が公務員にヒントを出してやりながら突っ込んでんのか。)

「…ぇぇぇと…カタカタカタ…、あっ、特別障害者の方に該当しそうです。」と。
大丈夫かおいおい役所。まさかこっちが言わなきゃ障害者の方にされてたとか?
(特別障害者の方がもちろん控除額が多いです)

ただ、電話をしながら一つ収穫できて良かったことは、去年の分についても遡って認定出来るので、
2021年の所得についても障害者控除(又は特別障害者控除)が適用になり修正申告をかけられるとのことでした。
どんな結果でどんな書類が郵送されてくるか、手元に届くまでまだまだわかりませんけども、
母の施設入所とアパートの退去で色々と物入りだったので、
年が明けたら頑張って確定申告と修正申告をして税金取り戻したいと思います。

2022年11月21日 pyon吉・ポン




それでは以下↓いつもの二年遅れの2020年11月15日の日記を。
今日も画像が無いので11月18日のポンちゃんを一枚だけ。すみません。


えみウンチ18g。薬1ml。食べっぷりにムラがあります。
昼間に太くてごっついオーツヘイを喜んであむあむ食べてたかと思ったら、
夜中には噛んでいたのをベーッと吐き出して、口をアモアモして食べにくそうにしていたり。
えー?噛めない?歯が痛い?歯が伸びてる?口の中が痛い?飲み込みができない?
濡らしたペレットやうさぎのおだんごはパクパク食べてくれます。

おしっこは朝一で抱き上げると濃くてザラッとドロッとしたのを出しました。
痛い結石にならなければ良いのですけど。
最近は日中はあまりしなくて、夜中にしっこピークが来るようです。
ド深夜の2時あたりに続けて3回くらいしてるのを見ました。これはサラサラです。
朝に下半身がション没してしまうんじゃないかと気になって、毎晩パット交換をしながら3時頃まで眠れないので、
しっこタイムがもうちょい前にズレてくれれば良いのですけど。




さて、今日は空気読まないポンちゃんのお話。

そりゃ11歳の落ち着いたえみちゃんと違って、1歳児に空気を読んでくれというのも無理な話ですね。
どうしてもえみちゃんのお世話に時間がかかってしまうので、ポンちゃんの部屋んぽが短くなりがち。
和室でえみちゃんに食糞介助をしていると、リビングのサークル内でポンちゃんが荒ぶってガタついていたり。

この日はポンハウスの掃除と部屋んぽが後回し後回しで20時近くになってしまいました。
ゴメンねの気持ちと愛情をこめて抱っこしようとしたらヘソを曲げて外トイレにこもってしまいました。

遊ばないの?
うーん、じゃあその間に母さんは自分の晩ごはんを作ってくるよ。


ちゃちゃっと簡単におソバを作ってリビングに戻ってくると。
外トイレに座ってたはずのポンちゃんががが。

えみハウスのサークル前に座ってフルしっこ池をこさえ、
その中にダッポ~ンと浸っていて、
ビチャッと黄色いしぶきを上げながら走って逃げて行きました。

おぉぅ…

部屋んぽに出たばっかりだけどあんポンたん退場~!
そこら中を駆けずり回られる前にガバッと捕まえてポンハウスに戻します。
とりあえず自分でなめてキレイキレイしてんしゃい。
私は池の水全部抜く、じゃなくて全部拭く。
サークルの下を伝って50㎝四方にしっこが広がっています。
1m四方にはウェットな足跡がビタビタと。
拭き拭き。うさピカスプレーブシャブシャ。拭き拭き拭き拭き。

あうぅ、おソバが伸びまくる。

なぜこのタイミングであんポンたーん?
彼女なりに言いたいことがいっぱいあるんだろうけども。

その後、夜中1時にまた部屋んぽリベンジに出してやったら、今度は無邪気で上機嫌でした。





  1. 2022/11/21(月) 19:51:09|
  2. うさ心
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

11月14日 空気を読むえみたま



先週の金曜日に役所に母の「障害者・特別障害者認定申請書」を提出してあっという間に一週間。
認定結果が出るまでに一週間くらいとのことでしたが案の定まだ郵送されてきてません。
結局旦那さんの会社の年末調整書類の提出期限には間に合わなかったので、
もし障害者に認定された場合は、後々私が扶養者の障害者控除を追加して確定申告することになりました。
来年は早く行動しますとも!たぶん。


母の入所したサ高住ですが、コロナ禍でずっと面会禁止だったのが10月後半に解除となりました。
とはいっても居室には入れてもらえず、予約制で事務所横の殺風景な相談室で15分限定の面会だそうです。
遅ればせながら来週に予約を入れました。ドキドキします。

よそのご家族はみんなこの時を待ちに待っていたのでしょうか?
私は疲れのせいもありましたが、すぐに行きたい気持ちにはなれませんでした。
今さら会いに行っても分かってもらえなくてまた胃腸がどよ~んとなるんだろうなというのもありますし。

本当は入所時の本人がパニックになっていたであろう時期にこそ、顔を出してフォローしたかったのです。
9月の入所当日は到着した玄関ですぐにバタバタと検温やPCR検査などの検疫をされ、
結果が出るなりすぐ、本人ワケが分からないまま引き離されてNSにそのまま施設の奥に連れて行かれ、
それから3日間は感染予防のため隔離対応で居室に閉じ込められていました。
このご時世では当然仕方のない対応ですし、私も特養に勤めていたので理解できます。

ただ、心情的にやはり気の毒でした。
認知症で状況が理解出来ないだけに不安だっただろうし、捨てられたと思っただろうし、
あまりに急激な環境の変化に脳ミソが追いつけず感情が消失してしまったかもしれないし。
入所後の様子は施設側からほぼ報告が無かったに等しいので知る由もありません。
10月7日に通院のために一ヶ月弱ぶりに会った母は、明らかに以前よりボーッとなっていました。
それから更に一ヶ月以上経ち、一層目線が並行で焦点の合ってない表情になってるんだろうなと思うと、
割り切って会いに行きたいと思えるまでにはまだまだ時間がかかりそうです。

とりあえず来週は父の命日でもあるので、写真とその場で食べきれる差し入れと、
冬物の追加衣類等を持って行ってこようと思います。

2022年11月18日 pyon吉・ポン




それでは以下↓いつもの二年遅れの2020年11月14日の日記を。
この時期携帯のマイクロSDカードが容量いっぱいになってしまっていたので、
11月14日~17日の間は画像がありません。なのですみませんが11月13日のえみちゃんを1枚だけ。


11月14日(土)は年に一度実施されるマンション全戸の排水口清掃の日。
清掃業者がやって来て浴室・洗濯機スペース・洗面・台所の排水口にホースを突っ込んで、
ブシャシャシャブシャアァーッ!と高圧洗浄を行います。

そのため例年は前日に水回りの掃除を済ませて朝からビシッと万全の態勢で待機しているものですが、
昨夜は母の通院介助の疲れと体調不良のため、途中までしか終わってない状態で床についてしまいました。
ヤバイ、起き上がって掃除の続きをやらなければ9時半にはもう業者が来る…
なのに7時10分、40分、目は覚めているのに起きれないヤバイ。

8時5分に布団横のえみたまがコロコロウンチ●一山と出始めの盲腸糞を2粒していました。
スプーンで回収して口元に出してあげるとパク!と食べてくれました。
ここでようやく起き上がってモーニングケアにかかります。

まずパット交換と体交と清拭とマッサージ。
今朝は空気を読んでくれたのかお尻周りがしっこに浸ってないし、盲腸糞も毛に絡んでないし、
時間のかかる陰洗をやらなくて済みました。ありがとうえみたま。
青汁12mlとうがい用の水2mlをシリンジに吸い付きながら一気飲みぎゅぴぎゅぴ。
向こうで飢えてガタガタと待ち構えているポンちゃんにもゴハンをあげます。

そうしてようやく8時45分から全集中の排水口掃除を始めました。動け、動けぇ!(CV:炭治郎)
まず風呂・洗濯機下・洗面所・台所にカビキラーをブシャブシャとかけまくり、
汚れを溶かしてる間に清掃業者の作業の邪魔になる周りの物を全部どかして他の部屋にブチ込み、
洗濯機パンの隅にたまった綿ぼこりを拭きまくって、
さっきかけたカビキラーをジャッジャと洗い流して、
薬剤と水仕事で指先の皮膚を殺られながらも9時45分に無事終了。終わった…さあとっとと来い!

と、そのタイミングでえみたまが空気を読んで本格盲腸糞を出し始めてくれました。
スプーンで拾ってお出しするとパク!パク!と調子良く食べてくれて、流石です王子。

10時35分
チャイムが鳴り、清掃業者がやって来ました。
おっさんとお兄ちゃんが二人一組で、バケツやらホースやら持ってブシャアー!ブシャアー!と、
排水口奥にへばりついたドロッとした脂汚れやなんやを高圧洗浄してくれます。

作業は無事に10分程で終了しました。これで自由だー。
えみたま絶妙なタイミングで空気読んで協力してくれてありがとうありがとう。

ちなみにもし最悪のパターンだったらどうだったかというと、
夜明けから軟便祭りでドロッと毛に絡み、大量しっこがお尻から太ももにしみしみで陰洗難易度レベル10、
その上盲腸糞がビチビチと出続けてその場から離れられず掃除にかかれないまま清掃業者がやってきて、
謝り倒して順番を後回しにしてもらってた感じ?

よしよし流石えみたまとモフモフしながらペレットを1粒ずつ水につけながらあげるとパクパク。
押し出し方式でお尻からは盲腸糞ポコポコ。これもスプーンでパクパク。
牧草もつまみ、プランターから詰んできたハコベも10本以上ペロリン。
本当おりこうさん。

えみウンチ15g。薬1ml。



11時
さて、それじゃあポンちゃんにもハコベを、と持って行ったら、
ポンサークル内の一番手前のプラスノコじゃないアルミ板スペースのところに、チャプ~ン!としっこ池が。
しかもその黄色いお池前に鎮座して両手ってがピチャ~ン!とフィンガーボウルのように浸っているではないですか。。。
ひぃー…君は空気読まないあんポンたん子ちゃんー。

そのままお手て「ボボボボッ!」とやられたら大惨事なので、
そろそろ~っとお手てをティッシュで押さえながらどいてもらいつつ、お池にティッシュをブチ込みます。
悪かったよ、放置しててゴメンってばよー。





  1. 2022/11/18(金) 11:39:11|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月13日 母の受診


















一年は早いものでもう年末調整の季節ですね。
ふと、ひょっとして認知症で要介護2の母は控除対象扶養親族の障害者に当たるのではないかと思い、
申請書を印刷して記入して役所に行ってきました。
実は去年もこの時期にそう思ったのだけれど、旦那さんが書類を持って来たのが遅くて提出期限ギリギリで、
もう調べるのも面倒くさくてすっ飛ばしてしまったのでした。

市のHPより↓
【障害者・特別障害者認定書】
要介護認定者の方も障害者控除を受けることが出来ます
要介護認定(要支援も含む)を受けている65歳以上に方で、身体障害者または知的障害者に準じる方については、要介護認定の資料をもとに障害者控除の対象になると市長が認定した場合は、税の控除が受けられます。

認定の対象者 
65歳以上の方
要介護認定を受けている方のうち下記のいずれかに該当する方
障害者
知的障害者(軽度・中度)に準ずる方・身体障害者(3級から6級)に準ずる方
特別障害者
知的障害者(重度)に準ずる方・身体障害者(1級・2級)に準ずる方


しかし申請する人がいないのか窓口には分かる職員がおらず、お姉さんがマニュアル本片手に手続きを進めるありさま。
認定結果が出るまでに一週間ほどかかるようですが、
年末調整書類の提出期限に間に合わなかったら後で自分で確定申告しなければなりませんね。
無事に該当して障害者控除が受けられれば良いのですけど。(逆にどういうケースが認められないのか教えて欲しい。)
それにしても、何とも表現や基準があいまいで分かりにくいし、市区町村によっても書き方が違うし、
しかも自分で調べて申告しなきゃ受けられないし、こういう制度っていかがなもんなんでしょう。

2022年11月12日 pyon吉・ポン





それでは以下↓いつもの二年遅れの2020年11月13日の日記です。


えみウンチ持ち直して23g。というかたぶん昨日出るはずだった分が今日にズレ込んで増えた様子。
シロップの薬1mlを飲み続けてはや170日目。

朝の盲腸糞小松菜サンドを全部食べきらないまま、母の受診の時間が来てしまいました。
仕方なくラップに包んで冷蔵庫にしまって、車で母を迎えに行きました。


9時に病院に到着。
2018年の初診以来約二年ぶりにがっつりと母の認知症の検査です。
症状的にはかなり進行してきてる感じですが、検査結果にはどのように現れてくるもんやら?

最初に脳のMRIを撮りました。
私は廊下に出されて待っていましたが、母はちゃんと人の指示を聞いてじっと動かずいられたのでしょうか。
まあ結果的に無事に撮影は出来たようなので。(次はもう無理かも。)

それから別棟に移動してNSによる認知症の検査です。
HDS-R(長谷川式認知症簡易評価スケール)とかMMSE(ミニメンタルステート検査)など。
これは私も立ち会いました。

今日は13日のところ「14日」と答え、82歳のところ「80?81?」と答えるなどビミョーです。
100-7=93は答えられましたが、そこから7を引くともう分からず。うん、93-7は難しいよね。
記憶力の桜・猫・電車は彼女の大嫌いな「猫」だけ答えられました。
そしてまさかの!スプーン・カギ・歯ブラシ・時計・鉛筆を全部覚えて答えられました。
野菜の名前はさんざん悩みながら10個を絞り出し。
ここはどこですか?の質問には「???」と質問されてること自体が理解できない様子。
それにしても本日は何だか脳ミソの血流が良いのかスイッチがうまく繋がっているのかシャキッとしています。

結果まさかまさかの!二年前より点数アップでした。うっそーーーん!?
2018年には長谷川式で30点満点中17点だったのが、何と3点UPの20点でしたよ。
症状は悪くなっているのになんてこったい。

それから問診。
テストの成績は良くなってるけど、決して薬が効いてるとかそんなんじゃなくて、
たまたま調子が良かったり質問者との相性が良かっただけの、誤差の範囲だと思います!と先生に伝えました。
実際質問者の聞き方や間の取り方や雰囲気なんかで全然答え方も違ってくるものだし。(今回は優しいお姉さんでした。)
二年前と比べて、明らかにおかしな言動も出来ない事も増えているのだから。
画像の結果は次回受診時に。

11時に母をアパートに送り、いつもの冷蔵庫や薬カレンダーチェックを行い、
昼食と夕食の支度や洗濯などをしてきました。



12時にやっと我が家へ帰宅。ただいまえみポンず。

と?
ギャー!?
えみちゃんが寝床でめっちゃ日差しを浴びて湯だりそうになっているではないですか!
冬になって日が部屋の奥まで差し込むようになってきてるのをすっかり失念していました。
ゴメン!干からびる!うーわっ!ホッカホカだよ!事故報告書モノだよ本当にごめんなさい!
慌ててカーテンをジャーッと閉めて青汁を飲ませました。

ウンチの山を回収して、コロコロ●と盲腸糞に分別して、スプーンで食糞させようとしましたが食べず。
あぁぁ、鮮度が命だもんね。もう表面乾いてるし美味しくないんだよね。
冷蔵庫から朝の盲腸糞小松菜サンドを出してきたらそっちは平らげてくれました。
お腹が空いてたらしくペレットも牧草もつまんでくれました。

その後深夜まで盲腸糞祭り開催。
出るわ出るわ。

どうしてもコロコロウンチ●が減ってしまったり、ペレットの食べっぷりが落ちてしまうと、
うさぎのおだんごを増量するようにしてるのですが、
確かに大好きなおだんごをあげると食欲もモリモリアップするし元気になる気もするのだけれど。
そのかわり盲腸糞もドドンと倍増してくれるというジレンマ。

出てきては食べさせ、食べさせては出てきて、
このいつ終わるのかわからない、果てしない戦いが夜中まで続くのがお互いに結構きついのです。
動物病院の先生も「全部食べさせなくても生きてはいけますよ。」と仰ってくれてはいますが。
でもね、コレ栄養のかたまりでしょ?痩せ続けてるってことは栄養足りてないんでしょ?
出来るだけ食べてもらった方が体にいいんですよね?うー。

結局ド深夜2時半に、残りスプーン一杯分を全部食べてもらうのはギブアップして消灯。
おやすみえみポンず。頼りない母ちゃんでごめん。

すると暗くした部屋で布団の隣からポリポリと音が小さく響いてきました。
あ、えみたまが口元のペレットをつまんでくれている。
ちゃんと自力で頑張ってくれている、ありがとう。
おやすみなさい。





  1. 2022/11/12(土) 14:35:38|
  2. 認知症
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月12日 薬局のおばちゃん









母のアパートをババババと片付けて10月いっぱいで無事に退去までは乗り切ったものの、
「とりあえず」我が家に移して来た母の荷物の山を前に、予想通り電池切れポンコツとなってしまいました。

結構情け容赦なく鬼のようにあれやこれやバッサバッサと処分したつもりなのですが、
捨てるに捨てられない中途半端に使えそうな物や、想い出深い品々がどどんと残っています。
新品のまま開封してないけれど年月が経ってるので他人様には譲れない、タオルや寝具や食器のセットとか、
父がコレクションしてた小物とか、親戚の誰かが作ったダルマさんとか。
もうね、根っからの貧乏性だし鬼にもなりきれないし葛藤します。
あと、人形とか手編みとかそのまま捨てるの怖いし。

しかし、その荷物をドンと受け入れるために私の部屋の作業机周りを全部取っ払ってしまったので、
それらをどうにか捌かないとまた机を設置できない。
という事は絵を描く場所がない。ヒジョーに困る。

仕方なく絵画教室の宿題は、今は寝床の隅に小さなちゃぶ台を置いて内職のように描いています。
地元のカルチャーセンターの絵はF6号なのでそれで何とかなるものの、
大塚アトリエのアルシュ10号となるとそこそこデカイので、
そっちはちゃぶ台に板を渡して半分ハミ出た不安定な状態の上でやるしかありません。うー困る。

なのでなるべく一日にダンボール一箱とか50c㎡範囲内とか、CDを一枚かけてる間だけとか決めて、
負担の少ない範囲でちょっとずつでも片付け進めるようにして続けています。
すっきりした部屋にして正月を迎え再起動したいものです。

2022年11月10日 pyon吉・ポン





それでは以下↓いつもの二年遅れの2020年11月12日の日記を。


えみウンチ11gまで減ってピンチ。薬1ml。

13時
口元のペレットが減っていないので1粒ずつ水につけながらあげて食べさせました。
うさぎのおだんごやアルファルファは良く食べてくれます。

17時
牧草のおいしそうな所を1本ずつ口元に差し出すとハモハモと食べてくれます。
オーツヘイとアルファルファがお気に入りですが、間にどさくさでチモシーも混ぜてやります。
乾き物の後はお口を潤すために青汁を3mlぎゅぴぴ。
口元にペレットを積んでおきます。



17時20分
自宅警備隊えみポンずにお留守番をお願いして薬局へ。
昨日一包化の機械が不調で出来ていなかった母の薬を受取りに行きます。
そこのベテラン薬剤師のおばちゃん、というかもうどう見ても75歳くらいな(失礼!)おばあちゃんで、
外見のイメージ的には縦に細長くした40㎏くらいのスレンダーな湯婆婆なのですが(失礼!!)。
毎回気さくに「調子は?変わったことは?困ってることは?」と話しかけてきてくれます。

いつもハイハイ大丈夫ですと適当に流していたのですが、今回はちょっと相談に乗ってもらいました。
「今車で30分位かけて母を総合病院へ連れて行ってるのですが、よく渋滞するし待ち時間も長くて辛いし、
この近くで認知症とバセドウ病を診てくれる良い病院はありませんか?」と。

すると湯婆婆が、「この辺はあまり無いし、今行かれてるところが良い病院ですよ~。」と仰います。
ほう?
「あそこはスタッフも診療も研修もしっかりしてるんですよ。良い病院です。」と。
ほほ~う?
そうなの?だったらこのままでいいか。何かベテランだけにあちこちの病院の諸事情とか詳しそう?
どうもありがとうございました。

17時50分
寄り道もせず帰宅。
ただいまえみポンず。
まっすぐえみちゃんの元へ行くと、さっき口元に積んでいったペレットと牧草が全部ぶっ飛んでしまっていました。
あぁ~、お手てボボボボッてやっちゃったんだね。
また寄せ集めておきます。
青汁を飲ませると3mlぎゅぴぴ。



21時
今日のえみたまは調子良くこの時間に盲腸糞野菜サンドを完食してくれました。
オーツヘイも食べる?よしよーし。

と、
そこに母から電話が。
チッ、この昼夜逆転め。せっかくえみ王子が牧草を食されているというのに。
出ると案の定ブリブリ怒りながら「アンタ何やってんの!もうこんな時間でしょ!」と。

何やってんのはアナタだ。
一息吸いこんで一拍置いてから、「病院は13日です。明日の朝の8時30分です。今は12日の夜の9時です。」と、
感情を押し殺しながら繰り返し説明しました。
すると途中で納得したようです。うん、世の中は夜なんですよ。じゃ、また明日。
ブツッ。

窓の外を見せて真っ暗なのに「今は昼間!」とか、逆にお日様サンサンでまぶしいのに「夜中でしょ!」と言う相手には、
一体どうやって昼夜を説明すれば良いのでしょうね。


電話を切ってえみたまの元へ戻ると、せっかく調子良く開いていたお口がもうがっつり閉ざされてしまっていました。
ううぅ、ゴメンよ。





  1. 2022/11/10(木) 11:51:23|
  2. 認知症
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月11日 お給仕いたします
























昨日は立て替えていた母の生活費や施設入所と引越の費用や光熱費などを精算してました。
みっちり溜めこんだ自分ちと母の8月~10月のレシートや領収書で財布がパンパンで崩壊しそうだったので。

そしてあることに気付きます。
私、10月は3回しか生鮮食料品を買ってないじゃないか!?と。
10月10日のえみたま生誕13年祭のお供物と、旦那さんが帰って来た日と、25日のポンちゃんの誕生日。

で、あとは何を食していたかというと、母宅から引きあげてきた期限切れの防災用保存食ですね。
缶詰(乾パン・ビスケット・クラッカー・みつ豆・キャラメル・魚)、乾麺、ようかん、白玉粉、ペットボトルの水とか。
年の単位で期限が過ぎていましたが、普通に美味しくいただけました。
ついでに出来るだけ飲料水もペットボトルの水で賄ってみて、一体何の訓練だ?と。

思えば2021年2月初めに母が転倒して腰を痛めてからの一年半ちょっと、毎日私が食事の支度をしてきました。
スーパーや八百屋を見ては、なるべく季節の物・栄養のある物・思い入れがあったり好きそうな物を選び、
多くの食材を使おうとするとどうしても量が多くなるので、私と食費を折半にして半分ずつ食べていました。
煮物も味噌汁もまとめてドンと作って手間も費用も節約して。

それが、9月の半ばに母をサ高住に入所させてから、
毎日の献立を考えたり買い物したり調理をする責任からパーッと解放されたのです。
忙しかったのもありますが、すっかり料理をしない単身赴任のオッサンのような生活になりました。

9月のうちはまだ、割引になったお弁当やお惣菜やビールを買ってきてワーイと謳歌しようとしていたのですが、
片付けに追われるうちにどんどん頭痛と吐き気で食欲がなくなり、一つでも物を消去したい気持ちもあって、
缶の乾パンをつまんだり、あとはポンちゃんとキャベツやにんじんをかじって済ませるようになってました。

たまに店の前を通ってあれこれ見ても、もう居ないしな、と何も買わずに帰ってきたりして。
介護をしているつもりだったけど、私もまた母に生かされていたんだな…と思います。
反省して今日は自分のためにちゃんと食材を爆買いしてきました。


2022年11月1日 pyon吉・ポン





以下↓いつもの二年遅れの2020年11月11日の日記です。


16時に仮眠から起きてポンちゃんに野菜をあげました。
カリフラワーの外側(茎っぽいけどアレは葉っぱですね)を差し出すとバリバリと食い付きます。
それから小松菜とセロリ葉も。これはえみちゃんの盲腸糞をサンドする用に買い置きしてあるのですが、
野菜は鮮度が命なのでポンちゃんにも消費を手伝ってもらってます。

口の周りが青汁でブクッとなっていますが、床に汁を垂らさず上手に食べてくれました。
ブクッといえば、ホッペがぶっくりモリモリで横綱みたいになってますけど?
どすこいポンちゃーん!



17時20分にお風呂から上がってきて、えみちゃんを見に行くとプリッと盲腸糞が出ていました。
ひぃ~、まだ昼間のヤツを食べきっていないのよー。
先に冷蔵庫に残ってた小松菜サンド1つにヘアボールリリーフを塗ってうっすら甘くして食べさせました。

それから出したてホヤホヤの盲腸糞をスプーンで口元にお給仕するも「イラネ」とお断りされたので、
小松菜の大きな葉っぱを縦2つに裂いて、真ん中に具を乗せて、ギョーザのようにお包みします。愛と心をこめて。
さあっ 召し上がれ王子!

「イラネっての!」ときっぱり拒絶されました。
「ウンコなんか食ってられっか」だそうです。ひゅる~…

そしてまた追い盲腸糞がプリッと一山産出されてきました。ひぃ~。。。
もう1つ特大のギョーザもとい小松菜サンドを作り、ラップに包んで冷蔵庫に寝かせました。

今日のコロコロ●ウンチ17gで少なめ。薬1ml。

20時
体交の時におしっこが出るかと思ったら、ダラダラッと茶色くてドロッと濃い液体が出てきました。
下痢?いや尿??ななな何ですかコレはえみたま!?(動転してたので画像ナシ)
カルシウムしっこかもしれない?結石になったら嫌だなあ。
お尻の毛に絡んでしまったので陰洗しますが、茶色く染まってしまって取れません。

オーツヘイとうさぎのおだんごと青汁を喜んでパクパクと食してくれました。

22時50分~24時30分
夕方の盲腸糞小松菜サンド3つをだましだまし食べさせ、渋々完食。
今度のしっこはチーッとサラサラ透明っていうかまるで水のよう。
さっきのドロドロといい一体何なのでしょうか。恐ろしいです。

2時30分
牧草ハモハモ、ペレットは「イラネ」、青汁ぎゅぴぎゅぴ、水ごっきゅん。
体交時に普通の黄色いしっこブシャアァー!とたっぷり。よかった普通だ。
ナイトケアをして3時就寝。




  1. 2022/11/01(火) 14:03:29|
  2. お食事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月11日 母の受診


















どうにか無事に母のアパートの退去が終わりました。

とは言っても、アパートこそ空っぽにして掃除して不動産屋さんに引き渡しましたが、
バタバタで我が家に移動させてきた母の荷物が部屋にも廊下にも溢れかえっているので、
しばらくはひっそり引き籠って片付作業の日々です。

ここ数日脳内では何故か「♪知~らな~い街を歩いてみたい~ ど~こ~か遠~くへ行きたい~」という、
昭和なメロディーが道東のイメージ映像とともにエンドレスで流れ続けています。
観光や食べ歩きをしたり札幌の友達に会いに行ったり、という動的なモンではなくて、
野付半島や納沙布岬あたり(根室方面ね)のどこか最果て感漂う寒々としたとこ(失礼)で立ち枯れてたい感じ?
(最北の宗谷岬ではジャンジャカと演歌が流れててコレじゃナイ感だった記憶…)

なんせこの二ヶ月半、徘徊への対応から施設入所、そしてアパートの退去まで動きまくりました。
母よ、娘は疲れたよ。 
いくらウォーキングやジョギングしても痩せなかったのが一気に4~5㎏も減ったよ、ありがとう。


2022年10月27日 pyon吉・ポン





それでは以下↓、いつもの約2年遅れの2020年11月11日の日記を。


7時起床
布団横のえみちゃんを見ると少しだけ盲腸糞が出ていたので食べさせ、モーニングケアをしました。

8時
母に電話して「今日は病院へ行くから支度して。9時半に車で迎えに行くからね。」と伝えました。
それからポンちゃんのお世話をざっくりして、またえみちゃんに食糞介助。

9時
えみちゃんの盲腸糞がちびちびと出ているので食べさせます。

9時15分
本格的に盲腸糞がドドーン!と出てきました。食べさせても食べさせてもポコポコと出てきます。

9時26分
盲腸糞が止まらないので母に「少し遅れる」と電話を入れました。
予定変更の融通がつけられない認知症ですが、「うさぎが下痢(ウソ)で!」と言ったら納得してくれました。

9時40分
さてどうしよう?何となく山は過ぎたような気もするけれど。葛藤します。
なるべく出したてホヤホヤの盲腸糞を一口でも多く食べさせてやりたい。お尻に排泄物を放置してたくない。
しかしここでいつ終わるか分からない食糞で粘っていても、その間に病院の駐車場が埋まってしまう。
朝一で車で押し寄せた患者が捌けないうちに、午前遅めや午後一の予約の人がじゃんじゃん来院するので、
駐車場に入れず路上待ちになってしまう。

予約制といえども受付が遅くなればなるほど、どんどん呼ばれるのが遅くなって帰れなくなるので、
ここは心を鬼にして食糞を中断し、母の受診をなるべく早く終わらせ、
なるべく早く帰ってきてえみちゃんの食事介助にとりかかった方がトータルで時間が確保できるはず。
ごめんねと謝りながらスプーン一杯の盲腸糞をラップでピッチリ包んで冷蔵庫に保存して、
えみポンずにお留守番をお願いして家を出ました。

10時
母を連れて病院到着。混んでましたが無事に駐車場にも入れられました。
受付をして採血。行く先々混んでます。

10時半予約の脳神経内科に呼ばれたのは11時10分。
初診からもう二年経ったのでまたMRIとHDS-R(長谷川式)などの検査をしましょうと言われ、
急遽2日後の11月13日(金)9時半の予約となりました。
う…その時間はえみたまの盲腸糞が出てる時間なんですが先生ぃ…

11時予約の内分泌科に呼ばれたのは12時15分。
採血の結果、甲状腺の数値は問題なし。3分診療で終わり、次回は1月予約。

12時50分
混んでる会計が終わり、処方箋をFAXで薬局に送り、帰路へ。

13時10分
母をアパートに送り、車をうちの駐車場に置いてきて、コンビニで昼食を買って再度母宅へ。
今までは病院帰りに外食をするのが楽しみでしたがコロナ禍なので自宅で食べます。
それから冷蔵庫と炊飯器とレンジと薬カレンダーとエアコンなどをチェックして、
冷蔵庫内に夕食のセットをして、カレンダーに11月13日8時30分病院と書いて説明して終了。

14時
薬局に薬を受取りに行くも、「機械の調子が悪いので少し待って下さい。」と一包化が完成しておらず。
明日また取りに行くことにして帰宅。

14時10分
えみたまの元へ駆け寄ると、山を越えたかと思った盲腸糞はその後、また次の山がぽってりと産出されていて、
表面がカピカピに乾いてしまっていました。コロコロウンチも少し出ていました。
ああぁゴメン。あの後すぐ出てたのかな?食べる?いらない?そうだよね鮮度が命だもん要らないよね。
そして大量のしっこびっしょりで太ももがション没してしまっていました。本当にゴメン。

とりあえず何からやればいい??
お水飲む? → シリンジでゴキュゴキュ飲んでくれました。
お腹空いてる? → 口元にオーツヘイを差し出したらパキパキと食べてくれました。

冷蔵庫から朝のラップ盲腸糞を出してきて、小松菜やセロリ葉やカリフラワー葉にサンドして食べさせます。
それから体交をして、涙でびっしょりの右顔を拭いて眼軟膏を塗って、
ション没した下半身を洗って拭き拭き。

15時
えみたまの横で寝落ち。ぐぅ…





  1. 2022/10/27(木) 19:16:28|
  2. 認知症
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月10日 今日は何月何日?



バタバタと母をサ高住に入所させてから一ヶ月ちょっとが過ぎました。
面会出来ないので普段の様子は見られませんが、彼女はそれなりに馴染んできているようです。
最初は突貫工事のように必要最低限の物と夏物だけ揃えて持ち込みましたが、
残りの衣類はちまちまと洗濯しては仕分けと買い足しと名前付けをして、ある程度溜まっては届け、
ようやく今週で冬物の整理まで終わりました。

そしてとうとう、自らの尻に着火して気合を入れるべく、来週に引越し業者の予約を取りました。

10月末の母のアパート退去に向けて日々片付けに行ってはいるのですが、
日本の秋晴れどこ行った!?ってくらい雨続きのジクジクでカラッとしないので、
カビ臭い大物を洗ったり干したりが進みませんし、荷物を車に積んだり運んだりもウツウツです。

母の荷物は施設に持ち込む分と、我が家に引き受ける分と、処分する物で2:3:5くらいの割合ですが、
その3割をうちに持ってくるべく、私の部屋もまた片付けなければなりません。
業者に頼むと高いので、本当は粗大ゴミを車でバンバン持ちこんで処分したいところなのですが、
市の粗大ゴミ受け入れは月に1日だけ、しかも一世帯一回限りという渋さです。

片付けても片付けても部屋の景色が変わらない気がしますが、崖っぷちなので踏ん張ります。


2022年10月15日 pyon吉・ポン





それではいつもの↓二年遅れの、2020年11月10日の日記です。
また画像が無いので11月11日のカリフラワーの葉を食べるポンちゃんを一枚だけ。



昨夜、というか3時過ぎにジンマシンがボコボコしてきてあまり眠れませんでした。
7時に目が覚めたので、布団の中からズボラな体勢で割り箸を持った手を伸ばして、
隣に寝ているえみたまのお尻のコロコロ●ウンチと盲腸糞を分別していました。
が、途中でウンチ箸を握りしめたまま寝落ちしてしまいました。えみたまゴメン。

それからまた8時、9時と覚醒はするものの体が動かず、
うだうだしているうちに燃えるゴミの回収が行っちゃったー!
どんどん無職のクズ化が進んでいます。
9時30分にまたえみちゃんの盲腸糞が出てきたので起き上がって食糞させました。


すると母から電話があり、「アンタ!何してんの!もう何時だと思ってんの!」と怒りブリブリ。
はあ”?(寝起き低血圧でめちゃめちゃ目つき悪い) 
何してんのはアナタだ、病院は明日だ、今日は何日だ、柱の電波時計の日付見てみやがれ。

沈黙のあと母、「…あ!明日かい!」と。 
うん、病院は明日だよ。丁度良かった、朝の薬飲んだ?  「のんだ」
何日の薬飲んだ?  「10日かい?」
薬カレンダーに11月10日の夕の薬は残ってる?  「ある」
11月11日の朝と夕の薬はある?  「ある」
うん、それならいいよ。今日は何月何日?  「10日」
そう。病院は明日の11日だから。 じゃあ朝の血圧測定してね。 ガチャッ。

もうカレンダーに病院の予定とか書くのやめてゲリラ通院にした方がいいかもしれない。



気を取り直してえみたまのお世話。
最近盲腸糞が泥状のゆるゆるだったけれど、今日は6~8㎜玉がポコポコ出ています。
正常なブドウの房状ウンチと軟便の中間くらいな出来?

えみウンチ昨日と同じく16g。薬1ml。

今日も盲腸糞が沢山出て、スプーンで食べたり、小松菜やセロリ葉サンドで食べたり。
深夜1時30分までかかって完食してくれました。
ペレット・お団子・野菜・オーツヘイ・ソフトチモシー・青汁も食べてくれています。



ヤングなポンちゃんは相変わらずやんちゃで元気ハツラツ。(昭和)
バリケードアタックしたり、えみハウス前にしっこ池作ったり。
4連と5連のネックレスのような繋がり毛ウンチ ●‐●‐●‐●‐● をしていたのが気になりますが、
夜の部屋んポンでは豪快にジュダダダダダダッ!!!と爆走を披露してくれました。




  1. 2022/10/15(土) 13:45:14|
  2. 認知症
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

11月09日 やさぐれポン



あっという間に前回更新から半月も経っておりました。すみません。

先日、母の入所後初めての面会をしました。
というか、今まで通っていた病院への定期受診に連れて行ったのですが、
施設では未だコロナ対策で面会も外出も禁止なのに、外への通院と帰り道での外食はOKという謎ルール。

約一ヶ月近くぶりに会った母に「誰だかわかる?」と聞いたら、考える素振りもなく即「知らない!」と。
「あなたの娘ですよ?」と伝えてみても「そんなモノはいない!」とズバッ!斬り捨てられ、
想定内ではあったものの一気に虚しくなりました。
あなたを札幌から呼び寄せて面倒見てきたこの15年って一体何だってばよ…ひゅる~…
トドメに本降りの雨に加え冬のように凍える寒さです。

本当は公園で散歩もさせたかったのですが、病院の帰りに回転寿司に寄ってランチだけしてきました。
少し野性的になった食べ方などを見ながらあ~あ…と思いつつ、まあ喜んでるようだからそれでいいやと。

しかし、「最後の皿は何にする?魚?貝?エビ?」と尋ねたときのこと。
「あぁ、貝はいいね。アンタ、好きでしょ。」とボソッと呟かれ、
最後のホタテとツブの皿を一貫ずつ分けあって食べながら、その一言だけで報われていました。
まだ記憶の引出しは開けられる。ギシギシのガシガシだけど、ほんのちょっとだけど中を覗ける。
帰りの車中で色々と話しかけ続けながら、また施設へと送り届けてきました。

2022年10月10日 pyon吉・ポン  今日はえみちゃんの13回目の生誕記念祭です。





それではいつもの本編↓約二年遅れの2020年11月9日の日記を。
画像が無いので11月7日のポンちゃんを1枚だけ。


昨日持ち直したと喜んでたら、えみウンチガクッと減って16g。薬1ml。
朝からドロッとした盲腸糞が大量に出ては、食糞介助に追われていました。
盲腸糞の自家消費だけでなく、外部からペレットや牧草なども食べてもらわなければなりません。

午後には母宅へ訪問介護に行って冷蔵庫整理や生活費の仕分けや支払などをしてきたり。
余裕がなくてついつい若くて元気なポンちゃんのお世話が疎かになってしまいます。



夕方になって頭痛が酷くなってムカムカしてきたので、ポンハウス前に転がってくたばりました。
ああぁ、何だか辛い、色々と… ジンマシンも治らないし。

しかしヤンチャ盛りの1歳児ポンちゃんがくたばらせてはくれませんでした。
ケージの中でガタガタと荒ぶってトイレカゴをブッ飛ばしたり、なんせヤサぐれています。

サークル前で横たわりながらとりあえず撫で撫でしてみますが鎮まりません。

ううぅ、悪かったよ…放ったらかしばかりでごめんよぅ…
起き上がって冷蔵庫からカリフラワーの葉を二本持ってきて差し出しました。
コレでどうかどうか手をうってくださいお願いしますポン様。

ヤンチャであると同時に食べ盛りでもあるのでそこは大喜びで食い付いてきてくれました。
バリバリと快音を奏でながら食べてくれます。
あぁいい音。バリバリザクザクショリショリバリバリ…
心地良い音に癒されながら、サークル前で寝落ちしていました。
うさぎさんが食べてる音ってCDにしてBGMに流したら絶対不眠に効くはず。



20時過ぎにポンちゃん待望の部屋んぽ!お待たせ!
が、大人しく外トイレでまったりしていて動きません。
やさぐれ→イジケモード?眠いだけ?それとも具合悪い?食べてるから大丈夫か??

24時過ぎに再び部屋んぽ。
今度はキャッキャと動き回ります。ホッ。
上機嫌でジャンプ交じりに爆走したり、寄ってきて甘えたり。かんわいぃ。
やっぱそうでないと、ポンちゃん。





  1. 2022/10/10(月) 11:18:11|
  2. うさ心
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月08日 ポンの足ダン!



お久しぶりです。
9月6日の更新以降ブログの時が止まってしまい申し訳ありませんでした。

介護事業所でコロナが出てアテにしていたサービスが使えなくなったりしましたが、
その後どうだったかというと、ざっくり例えるならば。
ガミラスの濃硫酸の海に沈んで溶けかけたりしていましたが、何とか本土決戦を制して、
無事にイスカンダル(サ高住)に着陸した感じです。(BGM:スキャット♪ア~ア~ ア~ア~ア~)

徘徊母を入所させてとりあえず眠れる生活に戻りましたが、最低限の夏物衣類を揃えて持たせただけなので、
今は秋冬物の洗濯(コレが雨続きではかどらない)・仕分け・購入・名前付けなどに追われています。
並行して母のアパートを片付けて10月いっぱいで退去しなければならないし、自分や家のこともどんどん溜まってて、
感傷や後悔や懺悔や体調不良に浸る間もなくやることがてんこ盛りです。
まだまだ地球への復路が丸っと残っているといった所でしょうか。

2022年9月24日 pyon吉



それではいつもの↓約二年遅れの2020年11月8日の日記を。
画像が無いので11月7日のポンちゃんを1枚だけ。

えみウンチ持ち直して21g。薬1ml。
12時半~19時過ぎまでずっと盲腸糞がポコポコと出ていました。
スプーンで食べさせ、野菜サンドにして食べさせ、ヘアボールを塗って味変して食べさせ。
それなりに食べてはくれるものの出てくる量に追い付かず、完食できたのは日付変わって深夜の1時半でした。



そんな食糞介助のため彼にかかりっきりだったせいでしょうか?
ポンちゃんが荒ぶりました。

13時40分にポンハウスの方から「ダン!ダン!ダン!ガシャン!」と大きな音が!
何!?と思って見に行くと、
ポンちゃんがサークルの中で怒りの足ダン!をぶちかましていたのです。
何か怒ってるようです。

ええええぇ~??
何かわからないけどゴメンってばよ。よしよし、モフモフ、モミモミ、なだめすかしてみます。
リビングに放して部屋んぽさせたら、ベタベタに甘えてきました。

ごめんね、ピチピチで若くて元気なのをいいことに放置してて。
いっぱい遊びたいし寂しいよね。えみ兄ちゃんにも会いたいんだよね。
母ちゃん容量不足で本当にごめん。
これでもかとモフモフしまくったら納得してくれたようです。あぁ可愛い。


が。
そのあとトーストを焼いて、さあ食べようとした瞬間、
サークル前のクッションフロアに思いっきりしっこを撒いてくれました。
うーんこのあんポンたーん!




  1. 2022/09/24(土) 11:33:17|
  2. うさ心
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ