FC2ブログ

●うさぎん日記 えみ君編●

ロップイヤー♂えみちゃん、第三の兎生満喫してます。幸せいっぱい腹いっぱい!

4月30日 ニンジン大好き











人間が朝食を用意し始めると必ずえみちゃんもやってきて、ゴハン皿と化したIQチェスの前で配膳を待っています。

サラダのお裾分けのレタスを置くとモリモリ食べますが、
「それだけでは物足りない」「注文と違う」と、熱いまなざしを向けてきます。

甘々飼い主なので視線に負けて台所で大好きな人参を切って持ってきました。

すると皿に置こうとするそのそばから奪い取って、部屋の隅っこに持ち去ってバリバリ食べます。

お前さんは野生の兎か?
誰も盗らないよ。


  1. 2018/09/04(火) 23:30:00|
  2. お食事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月21日 えみ vs ヤシ













今日も元気にヤシ弁当。

ヤシ弁当とは、ハムスター用のねぐらとして売っていたヤシの実に、ペレットやオヤツを入れて、
その穴にチモシーをぎゅうぎゅう詰めにしてフタをしたものです。

朝ゴハンはペレット入れにペレットを入れて、フィーダーにチモシーを補充しますが、
ペレットは瞬殺で間食してしまいます。

夜までチモシーだけなのも口寂しかろう、でも単純にペレットを出しててもあっという間に食われてしまうし…
と悩んでいたところに登場したのがヤシでした。

最初は皮をむしったり転がして遊ぶオモチャだったのですが、
すっかり皮は剥ぎ取られてツルツルになり、転がすこともしなくなり。

そこでふと、「コレにゴハン詰めたら良くない?」と思い付いたのでした。

転がして遊んで、運動になって、脳トレにもなって、そこそこの時間保って、腹の足しにもなる!

実際、最初の頃は中のペレットをうまく出す事が出来ませんでしたが、
日々練習を重ねるうちにどんどん要領が良くなり、
明らかにペレットを穴から出し易い角度に転がす技を彼は習得しました。

昼過ぎになって小腹が空いてくると、
初めはぎゅうぎゅうに詰まってるチモシーの美味い所を引っ張り出して食べ、
だんだん隙間ができて緩くなってくると今度は中のチモシーをひたすら引っこ抜いて床にバラ撒き。

15時も回ってあらかたチモシーが無くなってペレットを出せる状態になると、今度は全力でヤシを転がし始めます。

転がすのもむやみやたらにアタックするのではなく、賢いことにちゃんと穴が下を向くように、
ペレットが穴から出てくるようにうまく転がしているのです。

そしてペレットが全部穴から出たと判断したらピタッとヤシを転がすのを止め、
あとは床に散らばったチモシーのめぼしい所から拾い食いしながら夜まで過ごします。


このヤシ弁当は、長時間のお留守番の時にも役立ちます。

一泊二日で旅行に出る時などは多目にペレットを入れて、
いつもの倍くらいのチモシーを無理矢理ギッチギッチに詰めて置いていきます。

こうすればチモシーを抜くのに時間がかかるので中のペレットを食べ始めるまでに時間が稼げるし、
ゴハンが完全に空になるリスクを減らす事ができるのです。

毎日ヤシを転がして、元気で賢くてご長寿なうさぎ目指して頑張れえみちゃん。


  1. 2018/08/15(水) 23:30:00|
  2. お食事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月11日 たんぽぽとハコベの唄




















作曲はセルフでお願い致します。



  1. 2018/08/02(木) 23:30:00|
  2. お食事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月11日 桑の葉ペレット大不評

















何となく体に良さげだからと、えみちゃんのオヤツに買った桑の葉ペレット

頑として食べてくれません。

な〜ぜ〜に〜?

どんな初見のペレットでも躊躇なく食い付いてきたえみちゃんが、初めて拒絶したペレットです。

どんだけ不味いのか?
良からぬ成分でも入っているのか?


でもね。
うさぎさんのオヤツにありがちですがたった80gぼっちしか入ってないのに数百円ですよ。
ちょっとした牛肉よりお高いんですよ。

鬼ですが、もったいないので毎日根気よく出し続けてみようと思います。


  1. 2018/08/01(水) 23:30:00|
  2. お食事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月3日 食ったら出す



















満腹になったら眠くなる。

でもその前におトイレに行ってスッキリして。

食後だからお顔も洗って。

やってる事がほぼ人間ですね。


  1. 2018/07/11(水) 23:30:00|
  2. お食事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月3日 やっぱうまいもんがイイ



















ハコベは普通においしいけれど。

やはりもっと味が濃くて香りの良い?

たんぽぽや春菊があると俄然テンションが上がります。


  1. 2018/07/10(火) 23:30:00|
  2. お食事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月3日 ハコベの唄



















心身がグダって更新をサボっている間に広告が出てしまいました。
来て下さっている皆様ごめんなさい、反省して気合いを入れてガツガツといきますよ。(たぶん)


今日もベランダに出てた私を待ち構えて、えみちゃんがうたっちで草のおねだりをしてきます。

彼の位置からは死角になっていて、ベランダ出入りの様子は見えないはずなのですが。

窓ガラガラの音か、ズルズル歩く音か振動か?その方向で判断しているようです。

人の話は一切聞かないけれど、そういう時だけは凄く耳がイイ。


  1. 2018/07/09(月) 23:30:00|
  2. お食事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月1日 ハコベの唄、ラーメン屋



















えみちゃんには毎日お約束のハコベです。

そろそろアブラムシの連中が蠢き出してますよ。
いつまで収穫できるでしょうか。


旦那さんが「疲れを取りたいから温泉。」と言うので、午前中から三郷早稲田の温泉「早稲田めぐみの湯」に行きました。
外観が地味ですが、かけ流しの濃いぃ源泉がマニアの間では有名らしく、
何だかのランキングにも上位に入ってるとか。

しかし三郷駅と新三郷駅の中間で交通が不便なせいか、何故かそんなに流行っておらず、
午前中ということもあって、心配になるほど館内はガラガラです。
エンターテイメント性は皆無ですが、きれいでゆっくりのんびり入れるので穴場です。


温泉から上がったあとは、流山街道の味噌ラーメン専門店とやらに初めて立ち寄り、遅い昼食を摂りました。
こってりしたスープで、店内はおっさん客でいっぱいでした。
今回の休息コースはなかなか良かったです。

  1. 2018/07/07(土) 23:30:00|
  2. お食事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月26日 桑の葉ペレットがスルーされた件。



















うさぎ屋巡りで仕込んできたゴハンとオヤツの数々。
寝かせていても熟成してしまうのでそろそろ開封してみましょう。

ペレットは最近ずっと買っているウーリィのスペシャルブルーム。
オヤツは何やら体に良さそうな桑の葉ペレットと、乾燥オオバコです。

気持ちばかりの撮影スペースに並べてみたら、さっそく食いしん坊王子の乱入です。
さて、何が気に入られるのでしょうか。

人間の米5kgよりお高い安定のブルームは置いといて、興味深々でクンクンしたのは桑の葉ペレットでした。
よ~し、じゃあまずソレから味見をしようか。
開封して数粒を口元に置きました。

が!?
思いっきりスルーされ、踏みつけられ
「これイラナイ!」 と却下されてしまいました。

えええぇ~!うぞおぉ~…
どんなペレットでも初見でかぶりつくえみちゃんが?
いくら勧めても頑として食べてくれません。

臭いのかと思って匂いをかいでもほぼ無臭。
味見をしても、まあ普通に硬くてほろ苦いかな…と。
何故食べてくれないのだ王子よ。
ちょびっとしか入ってないのにそこそこのお値段するんですよ、うさぎさんのゴハンってヤツは。

ま、まあ、後で気が変わって食べてくれるかもしれない。
次いってみよー。

ささ、今度は乾燥オオバコですよ。
これは何度も食べてるから普通に好きでしょう。

開封したら出すそばから奪い取ってがっつきます。
さすが、やっぱそうでなきゃ王子。
だって人間の食材よりお高い(しつこい)んですから、
喜んで食べてくれなきゃ困るんですよ、うん。


  1. 2018/06/23(土) 23:30:00|
  2. お食事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月25日 ハコベの唄















ベランダに洗濯物を干して戻ると、
えみちゃんが「ボクのゴハンを摘んできてくれたんですよねー!?」とうたっちで待ち構えています。

あ。

はいはいゴメンよ、今摘んでくるからね。
またベランダに戻って、プランターから美味しそうなところをブチブチッとむしってきて献上します。


  1. 2018/06/21(木) 23:30:00|
  2. お食事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ