FC2ブログ

●うさぎん日記 えみ君編●

ロップイヤー♂えみちゃん、第三の兎生満喫してます。幸せいっぱい腹いっぱい!

5月14日 牧草フィーダー



















春の換毛シーズンでお腹がすくのか、朝から牧草フィーダーのチモシーをバキバキ食べています。
この球から一生懸命グイグイ引っ張り出す姿が可愛いのです。

午後からはヤシのお弁当があります。
こちらのヤシ弁当を全力で転がしながら中身を食べるのもまた可愛い。


昼前に中川土手を散歩していたら近くの公園が花盛りでした。
快晴で鮮やかなので水彩画のネタ用に撮っておきましょう。

とはいっても課題をこなすのに精一杯で、こうやって撮り溜めるばかりで何も描けないのがあるあるですが。


夕方またウォーキングに出かけたら工事の看板が何か変。

平成31年5月10日から平成31年3月31日?


  1. 2018/09/19(水) 23:30:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

5月12日 追加履修テキスト届く











私が勉強している通信大では、基本的に奇数月にはリポートの締め切りが、偶数月には科目修得試験が、
そして不定期に東京でスクーリングがあります。

うっかりのんびりしてると、あっという間に締め切りや試験にヤラれてしまいます。

普段からコツコツやれば良いのに、尻に火が着火炎上しないと走り出せない私。

それでも一応気持ちだけは早く卒業確定単位を取らねばと焦っているので、
現在三年生ですが、前倒しで四年生分の二科目を追加履修することにしました。

しかしたった二科目のくせに届いたダンボールはやけに重たく、
開けてみると電話帳のような厚みのテキストがドスッと入っておりました。

本のタイトルが仰々しいので誤解されぬよう言っておきますが、
この年でまさかの税理士試験を目指している訳ではありませんよ。
たまたま簿記論と財務諸表論を取ったら、タイトルにバカでっかく「税理士の〜」と印刷されてたっていうだけで。

そして厚みと重さと難しさに圧倒されてすっかりヤル気を削がれ、
逃げるようにジョギングに出ていきました。

今日も元荒川の中島橋の上流には白サギが鈴なりです。


  1. 2018/09/18(火) 23:30:00|
  2. その他いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月10日 えみ駆ける春



















撮れていませんが、ウキウキでダッシュしまくりです。

何が彼をそんなに駆り立てる?

今日も元気いっぱい8才児。


  1. 2018/09/17(月) 23:30:00|
  2. うさ心
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月10日 えみ、やらかす。

















どうしてうさぎの皆さんは雨の日に布団にしっこなさるんでしょうかね?
フォーちゃんもそうでしたが。

夜中、ふくらはぎにジョワッと熱いモノを感じてハッ!?と目が覚めて。
布団の足元にはこの白いモフモフがいて。

普段えみちゃんは枕元で布団にもたれて添い寝してくれてるのですが、
たま〜に、年に何回か、布団に乗っかってきて寝て、布団にしっこしてくれます。

どうも布団に乗っかるとお尻触りが良くてもよおすらしいので、
いつも布団に上がってきた時はすかさず、「ココは母さんのテリトリーよ!」と外に押し出すのですけれど。

たまにやらかします。

それも何故か雨や嵐の日に高確率で。


  1. 2018/09/16(日) 23:30:00|
  2. うさ心
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月9日 えみ爆睡と耳













夕方見るとふくふくと爆睡中。

本当は照明を明るくして撮りたいのだけれど。
起こしてしまうので暗いままで息を潜めながら撮っています。
ピントが合わなーい、ごめんなさい。

垂れ耳さんの寝姿で感心するのは、必ず下側になる耳が外に投げ出されていることです。
耳が頭の下敷きになったまま眠っているのは一度も見た事がありません。

きっと腕枕のときの腕のように、頭の重さで耳が痺れないよう上手く出来ているのでしょう。

しかしこの日は。

耳がトレーの下敷きに!

  1. 2018/09/15(土) 23:30:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月8日 えみ爆睡とお花畑

















何年もうさぎと暮らしていても、未だに爆睡姿を見るとときめいてしまいます。

垂れ耳のとっ散らかり具合とか、
ちんまりしたお手ての曲がり具合とか、
フサフサあんよの伸び具合とか。



午後は元荒川の土手を歩いてきました。
ふと土手の下にお花畑を見つけたので、遊歩道から降りて散策。

3月の菜の花と桜から始まって、4月のハナミズキ、そして5月はしゃくやくです。

残念ながら曇り空で暗く見えて(写って)いますが、
晴れていたならきっとすごく鮮やかな色なのでしょう。


  1. 2018/09/14(金) 23:30:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

5月7日 そんな所で寝る













今日は珍しい場所で寝てました。
しかも爆睡。

サークル脇のうさグッズ置き場の衣装ケースの上です。

たまに上がってることはありますが、ここまで伸びて、アンヨも空中にハミ出して眠っているのは初めてです。

そして慌ててバタバタ撮っていたら、起こしてしまいました。
ごめんなさい。


  1. 2018/09/13(木) 23:30:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月6日 爪切り











2月10日ぶりの爪切りです。
すっかり伸びてしまっていました。
今回は抜け毛が無いのでブラッシングはやりません。

先代達は爪切りの度によくキックを繰り出してくれて腕に三本線の爪痕を刻まれたり、
爪にハサミを当てるとバタバタバタッと暴れて肝を冷やしたりしたものです。

えみちゃんは捕まると最初はイヤイヤと無念そうな顔をしますが、
お利口さんというか、観念するのか、恐怖に固まっているのか、
暴れることはまずありません。

実にイイコです。


  1. 2018/09/12(水) 23:30:00|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月5日 子供の日ジョギング



















ゴールデンウィークで美味いもんを飲み食いし過ぎて体重がうなぎ登りです。

相当ヤバいので越谷方面にジョギングに出てみたら、大成橋で鯉のぼりが何百匹と泳いでいました。

子供の日のせいかシャボン玉製造機まで登場して、家族連れで大賑わいです。

青空とカラフルな鯉とキラキラのシャボン玉は、まるで鯉が川の中を泳いでいるようです。

橋の手前には幼稚園児だか保育園児だかの塗った特大サイズのがはためいていました。

周辺の植え込みには季節の花が可愛く咲いています。

しまった、こんなことならちゃんとしたカメラも持ってくるんだった。



  1. 2018/09/11(火) 23:30:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

5月4日 お台場観光



















またもやえみ自宅警備部長にお留守番をお願いして、
旦那さんと午後からお台場に遊びに行きました。


■毎年ドイツのミュンヘンで開催されている世界最大のビールイベント「オクトーバーフェスト」。
日本では今年もGWのお台場からスタート。
本場直送のドイツビールとソーセージなどのドイツ料理の相性はバツグン!
ムール貝やアイスバイン、プレッツエルなどの食事もあるので、お酒が飲めない女性や子どもも多く集う。

■開催日時 2018年4月27日(金)〜5月6日(日)


要はビアガーデン的な?
昼間っから飲んで食って楽しみましょう、ってヤツです。

とりあえずお台場に着いたら、何やあちこちでGWのイベントをやっていて凄い人出です。

これが噂の等身大ガンダムか、と感動しながら、エリアが広くて迷子になりつつ散策。
肉のイベント?にもよろめきそうになりましたが、何とかオクトーバーフェストの会場に入れました。

しかし会場は更に凄い人混みです。
気温の上がった炎天下で、各ブース大行列。

ある店でさんざん並んで買って、また次の店に並ばなければならないので、やたら時間がかかります。

やっと買えたら今度はジョッキと料理を持って席を探してウロウロ、
ようやくみちみちの狭いテーブルに座れ、やっとビールとソーセージにありつけました。

そしてあっという間に飲み干し、旦那さんが次のビールを調達に出ましたが、
戻ってきたのは20分後。

その次は私が物色しに出て、やはり戻ってこられたのは20分後。
結局トータル40分間はどちらかが一人で席でビールをちびちび飲みながら、留守番をして待っているという、
システム的にイカしてないイベントでした。

せめて東京ドームみたいに、タンクを担いだ可愛いお姉ちゃん達がビールをじゃんじゃん売り歩いてくれればいいのに。

とにかく東京は人が多すぎです。


すっかり人に酔いしれて、駅に向かいながらまたユニコーンガンダムを撮って、
旧車展示コーナーも撮って帰路につきました。


  1. 2018/09/10(月) 23:30:00|
  2. その他いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ